薄着も怖くない!脇の黒ずみのケアってどうするの?

暑い夏になるとノースリーブの服や、腕を上げると脇が見えてしまうような服を着ることが多いですよね。
でも大半の女性は脇の黒ずみやポツポツが見えてしまうのではないかと気にしています。
電車ではつり革を持たない!という方も実は多いですよね。
そこで今回は脇の下の黒ずみはどうやってできるのか?そして対処法はあるのか?ということをご紹介します。
脇の下の黒ずみはどうしてできるの?
脇の下の皮膚は思っているより繊細です。脇の毛をそるときに何もつけずにそるのは絶対NG!
刺激でかさぶたのようなものができ黒ずみの原因になります。
脇がこすれるような服を着てしまうと黒ずみの原因になります。
普段の服はもちろん下着もあまりきついものではなくゆったりしたものを選びましょう。
夏だけに日焼けするのも原因のひとつなので気をつけましょう。
メラニン色素が黒ずみの原因になります。日焼け対策は脇までしっかりしましょう。
脇の下の黒ずみはどうやってケアするの?
脇の黒ずみができてしまった場合、こすって洗ったりしては絶対にいけません!
黒ずみの原因になります。美容液や乳液でケアするのも重要です。
いかがでしたか?これで夏でも堂々とノースリーブを着られますね。

手っ取り早くシミを除去するにはレーザーがおすすめ!

日中に外を出歩くことが多い仕事をしていますが、やはりこれまでの累積されたダメージがシミとして浮かび上がっており、特にここ数年症状がひどくなってきていました。これまではせいぜい5ミリ程度のシミしか発生しなかったのですが、最近は1センチを軽く越えるような大きなものが頬を中心にいくつも存在しており、鏡を見る度に憂鬱な気分になっていたのです。しかしこれではいけない、と思いビタミンを多く含んだ食べ物を積極的に食事にとり入れたり、化粧品も美白の効果が高いとされるものを中心にこまめに手入れを続けてみたのですが、多少薄くなったような感じがする程度で抜本的になくなったわけではありませんでした。できればもっときれいにしたい、と思っていたのでそれまで足を踏み入れたことのない美容皮膚科に行ってみることにしました。お医者さんの診断によってルビーレーザーが適切であることを伝えられ、自由診療でしたから数万円の出費となったのですが、とりあえず一番気になるシミを除去してもらうことにしたのです。ゴムで弾かれる程度の痛みで済み、その日はあっという間に施術が終わりました。その後数日後にシミの部分がかさぶたとなり、さらに数日後かさぶたがとれるとまるで消しゴムで消したかのようなきれいな状況になっており、その効果に驚いてしまいました。根気よく美白化粧品を使うのが面倒な方には強くすすめることができる方法です。

夏は便秘になりやすい?夏こそしたい便秘対策

夏は食欲が減退する上に汗をかくことで、腸内運動が弱まり便秘になりやすいといわれています。
便秘は新陳代謝を弱めてしまいます。そのことより肌荒れ・肩こり・頭痛など徐々に悪循環を起こしていきます。
腸内環境は美容と密接な関係にあります。
今回は便秘を解消し腸内環境を整えるのに有効な食材をご紹介します。
便秘解消には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスが大切
食物繊維には不溶性と水溶性の2種類があり、不溶性食物繊維はサツマイモやごぼうなどのよく便秘解消の際に勧められる食材です。
水溶性食物繊維は海草や納豆、きのこなどのやや粘り気のあるものがそれにあたります。
不溶性食物繊維をとりすぎても便が硬くなるためあまりよくないのです。
一番いいバランスは不溶性食物繊維と水溶性食物繊維が2:1のバランスで摂取できている状態だそうです。
オリーブオイルも便秘に効果大
オリーブオイルの主成分はオレイン酸です。そのオレイン酸は長の動きを活発にする効果があります。そのため便秘にも有効で、抗酸化作用があり免疫力アップにも一役買ってくれますよ。
いかがでしたか?これに基本の水分補給を加えれば完璧です。この方法で夏の便秘を乗り切りましょう!

夏だから気をつけたい乾燥「インナードライ」とは?

夏は紫外線はもちろんエアコンがかかっている空間に行くことも多くお肌にはつらい時期といえます。
オフィスで長時間仕事しているとなんだかお肌がかさかさ・・なんていうことありませんか?
それはお肌の内部が乾燥している「インナードライ」かもしれません。今回は「インナードライ」とはどういうものか、どうケアすればいいのかをご紹介します。
「インナードライ」とはどういう状態?
インナードライの肌は一見べた付いて乾燥していないように見えます。
しかし内部が強く乾燥している状態です。
中には、内部の乾燥に気づかず、まったく逆のスキンケアをしてしまう方もいるようです。
「インナードライ」になりやすい人の特徴とは
エアコンのかかった環境で長時間いる方、紫外線対策が充分でない方、ストレスを抱えている方、睡眠不足、栄養バランスが乱れている方はインナードライになりやすいので注意しましょう。
これらの原因で乾燥した肌を守るシグナルが体に出され過剰な油分が分泌されることにより表面は油分で覆われているけれど中身はかさかさなインナードライができてしまいます。
「インナードライ」肌の間違ったスキンケア方法とは
表面がべた付いているからといって油分を完全にとりきるようなスキンケア方法はオススメしません。
さっぱりタイプの化粧水を使うのもNGです。
フェイシャルマスクなどを使ってまず充分な保湿をしましょう。
いかがでしたか?これを参考にインナードライを克服しちゃいましょう!

マツエク・マスカラいらず!!まつ毛美容液の効果体験談

まつ毛が人に比べて短く、薄いのがずっと悩みでした。マスカラをいつでも手放さずにどうにかごまかしていたのですが、そんな時に友人から誕生日プレゼントとしてもらったのがまつ毛美容液でした。まつ毛美容液というものがあることは知っていたけれど、効果には疑問を持っていたので自分で買う気にはならなかったのですが、友人が熱心に勧めてくれたのでその日から使い始めました。使ってみるとしばらくしてから1本1本のまつ毛が太くなったように感じ、2週間後ごろには明らかに長さも以前より長くなっていました。使用法に書かれている通りに毎朝毎晩欠かさず塗っていたのですが、その結果が十分に感じられる変化でした。使用前はマツエクも考えていたのですが、まつ毛美容液はたいていの商品が千円台で、マツエクよりもずっと安価でした。ずっと短いまつ毛がコンプレックスでしたが、まつ毛美容液のおかげで自分の顔に今までよりも自信を持つことができました。まつ毛は人の顔の印象を大きく左右するパーツの一つだと思うので、短い、薄いなどの悩みを抱えている方、ぜひまつ毛美容液の効果を試してみてください。

バシャバシャ使える化粧水と、高級な化粧水、どっちがいい!?

無駄遣いしても全然気にならない、安価な化粧水と、ちびちびしか使えない高級な化粧水・・・。あなたはどちらを使っていますか?
高級な化粧水はその名の通り、効き目抜群。次の日の肌の張りや美白効果に確かなものを感じます。ただ、私が貧乏性なのか、ちびちび使ってしまい、「バシャ~」と使うことは絶対にありません。一方、安価な化粧水は「無添加」なことはいいけれど、効き目としては何だか普通・・・。ただ、気兼ねなく思いっきり量を使えるのが嬉しいところです。
私は家にどちらも常備しています。基本的には安価な方の化粧水をメインとし、そちらをバシャバシャ使っています。安いので顔だけではなく、デコルテや脚・腕などに使っても全く気になりません。そして1週間に1~2回は高級な化粧水を登場させます。必要な分だけ手に取り、じっくり顔になじませていきます。
このコスパ重視だけど、たまには高いものも使ってみるというみみっちい方法。たっぷり使いのおかげで肌が乾燥せず、たまにいいものを補給されているので、あまり肌の調子を崩さず、平均的に良く感じます。この使い方、おすすめです。

ダイエットで体も軽く心もはずむ!ついでに足の痛みも良くなった!

膝が痛くなり病院へ行き医者に言われた一言が「体重が軽くなれば痛みがなくなる、まずは痩せなさい」でした。痩せようと思いながら数年経っておりましたが、医者に言われてので本気でダイエット開始です。私が始めたダイエットは完全に炭水化物を抜くわけではなく、3食で摂っているご飯やパンなどをなるべく食べない「低炭水化物ダイエット」です。朝食はレタスに鶏の胸肉を蒸した鶏ハム、昼は野菜スープ(かさましに糸こんにゃくを入れる)、夜はご飯抜きの普通のおかずなど。こう見ると炭水化物を摂っていないようですが、どうしても我慢のできない「お菓子」には炭水化物が入っています。おやつにポテチやせんべい、チョコなどはやめられません。それでも3食で摂る炭水化物をだいぶ減らしたおかげで4ヵ月で6kgのダイエットに成功しました。ダイエットはこれで終わりというのがありませんので、現状を維持出来るようにしたいです。ちなみに膝の痛みも痩せたおかげでほとんどなくなりました。

ダイエットで食べる回数を減らすのはNG!その理由とは?

夏も迫ってきたしさぁダイエットと思って食事回数を減らすと、なぜかなかなか体重が減らないと言う事はありませんか?
実は食事すると言う事はそれ自体がカロリーを消費する内臓の筋トレという側面もあるのです。ダイエットで食事の回数を減らすのは厳禁。内臓も筋肉の1部であることをきちんと頭に入れてダイエットしましょう。今回は食事を減らしてもなぜ体重がへらないのかについてご紹介します。
食事をするとなぜ汗をかくのか?
ご飯を食べていると滝のように汗が流れてくる人がいますよね。
これは食事することにより内臓がエネルギーを使っているためです。
その熱を引かせるために汗をかくのです。
どれほど食事がエネルギーを使うことがわかりますよね。
そのため食事回数を減らしたり消化が良いスムージーなどに置き換えることもあまり良くありません。
消化吸収するにもカロリーがいる
食べたものを消化する際にも、もちろんカロリーを消化します。
交感神経が活性化されてエネルギー代謝自体も活発にしてくれるため、食べると言う事はエネルギー消費の起爆剤になります。
食事の回数を減らしてしまうとその起爆剤の回数を減らしてしまうことになり、一回に食べる食事の量を分割して食べるほうが効果的だと言われています。
お菓子をちょこちょこ食べてるのに太らないと言う人もこれが原因です。
いかがでしたか?意外に見落としがちな食べる回数を減らさないというダイエット。
これで理想的な体重に近づきましょう!

これをやるとテカってしまう?!お化粧のNG習慣

暑い夏は特に顔がテカって、メイクが崩れがちですよね。
さらさらになるようにフェイスパウダーをつけても結局テカってしまうなんて言う人はいませんか?
それは知らず知らずのうちにやってはいけないメイクをしている可能性が高いです。
今回は顔がテカってしまうやってはいけないメイクのポイントをご紹介します。
意外と当てはまっている人が多いかもしれませんよ。
化粧水を簡単につけている人は要注意
朝が忙しいということを理由に化粧水をささっとつけてしまっている人は多いのではないでしょうか?
意外と知られていませんが、朝化粧水をしっかりつけることがメイクをどれだけ持続できるかにつながってきます。
化粧水がしっかり浸透していないと肌の水分量が不足することにより油分が過剰に出てしまいます。
それがテカリと繋がりますのでしっかりパッティングして保湿しましょう。
テカることを恐れてパウダーをつけすぎていませんか?
てかってしまうとついついパウダー系のサラサラしたもので抑えたくなりますが、その瞬間だけはきれいになりますが、根本的な解決になっておらず、水分不足と判断し過剰な油分が分泌する原因にもなりかねません。
まずは、水分を与えるということが大前提です。
ですのでパウダーを重ねて隠すのは悪循環の元ですよ!
それってもしかして重ねすぎ?
スキンケアでもメイクでもほとんどが油でできています。
乳液、日焼け止め、下地、ファンデーションも全部そうです。
ですので質や量を見直しできるだけ最小限のもので抑える努力をしましょう。
また、油分のでにくい冬に使うものと夏に使うもの変えた方が良いでしょう。
八分目の仕上がりを目指してするとうまくいきますよ。
いかがでしたかこの方法を使ってテカリとさよならしちゃいましょう!

ニキビを放置するな

ニキビを放置していると、ニキビ跡になってしまいます。こうなってしまうと、治すのがなかなか大変で苦労してしまいますね。

ニキビができたときは、正しい方法でニキビを対処するようにしましょう。あなたが思っているよりも、ニキビというのは難しい病気なのです。原因は、いろいろあって一つだけではありません。いくつかの原因が重なってニキビができてきていることが多いです。基本的には、皮脂がたくさん出ている場合にニキビはできてしまいます。ただ、皮脂を抑えるようにすればニキビが発生しないかといいますと、そうではありません。

ストレスとかも関係してくるので、あなたが普段どれだけストレスを感じているかということも相対的に把握できるようになっておかなければなりません。ニキビができる過程としては、本来、皮脂は毛穴をとおって肌の外に排出されます。ただし、毛穴がふさがっていると皮脂が照れなくなり、これがたまって肌に炎症を起こします。炎症が悪化すると、そこからニキビ菌と呼ばれる膿がたくさん出てくるのです。自然に出てくる分にはいいのですが、自分で無理やりいだしている場合には、肌を傷つけている場合が多いので、それがニキビ跡やクレーターにつながる場合が多いです。くれぐれも、無理矢理にニキビ出そうとすることをやめましょう。